SNSサービスを使う時の注意点

>

写真を投稿する時の注意点

顔を載せることは控えよう

顔写真をSNSサービスに投稿すれば、かわいいやかっこいいという反応が多く寄せられます。
褒められると嬉しくなる人がほとんどでしょうから、どんどん投稿してしまいます。
ですが顔を投稿することが原因で、ストーカー事件に発展する可能性があります。
街で偶然顔を見かければ、SNSサービスを使っている人だとすぐに分かります。
あとをつければ自宅も特定できます。

ストーカーにつけ回されると、非常に怖い思いをすると思います。
顔写真を投稿することは、控えてください。
どうしても投稿したいと思ったら、信用できるフォロワーだけが見られるように設定してください。
すると怪しい人物には顔写真が見られないので、トラブルの防止に繋がります。

風景の写真にも注意

いつも風景の写真を投稿していただけなのに、ストーカーの被害に遭ってしまった人が見られます。
その場合は、風景から自宅を特定したと考えられます。
いつも通る道という文章を記載して風景の写真をSNSサービスに投稿すれば、大体どの道を通っているのか特定できます。
また、よく訪れるお店の写真を投稿することも危険です。

今このお店にいるとSNSサービスに投稿すれば、ストーカーをしようと思っている人も同じお店に現れるかもしれません。
そこからあとをつけられて、自宅を特定されてしまいます。
SNSサービスを安全に使うためには、個人情報が知られないよう投稿をすることが大事です。
ささいなことでも、個人情報は特定できると理解しましょう。


この記事をシェアする